使い方は人それぞれ!アリバイ会社の利用目的について

    使い方は人それぞれ!アリバイ会社の利用目的について

    の「サムネイル」

    最近話題のアリバイ会社の利用目的

    最近「アリバイ会社」と呼ばれる会社が話題になることが多いようです。

    アリバイ会社はどのような目的で利用されることが多いのでしょうか。

    最も多いのは賃貸契約の時の入居審査に通るため

    一番多いと思われるのは、賃貸不動産に入居したい人が勤務先を整えるために利用するケースでしょう。

    例えば、無職の人に対しては、多くの大家さんが将来的に家賃を支払ってもらえなくなるリスクを考慮して、入居審査においてはNGとなるケースが多いでしょう。

    また、水商売や倒産しそうな企業に勤めている人に対しても、家賃支払の安定性から入居を断るケースがあるでしょう。

    また、家賃以外にも、物件の風紀を維持する目的などからも、一定以上の知名度のある企業に勤務している人にしか貸さないというケースもありえます。

    このような場合、アリバイ会社は入居が承認されるような企業に勤務している状況を整えてくれるのです。

    クレジットカード・キャッシング審査に通るため

    次に考えられるのは、クレジットカードへの入会やキャッシング申込の際の勤務先確認のためにアリバイ会社を利用することです。

    通常は、安定した勤務先に一定期間以上の勤務経験がないと、クレジットカードの入会は断られてしまいます。

    このような時に、勤務先を整えてくれるのがアリバイ会社なのです。

    保育園の入園審査に通るために利用する人も増えている

    また、保育園の入園審査のためにアリバイ会社を利用する人もいます。

    保育園によっては、一定の知名度のある企業に勤務している人の子女しか受け入れないところもありますし、特に私立の保育園では保育料の支払に問題が生じそうな会社に勤務していないかどうか、といった点で入園審査を行うところもあるからです。

    入居審査でアリバイ会社を利用する理由

    それでは、なぜ賃貸不動産の入居審査でアリバイ会社が利用されるのでしょうか。

    最大の利用目的は会社に勤めている証明が欲しいから

    入居する人が安定している企業に勤務していることが、大家や不動産管理会社にとってみればとても大切なことです。

    家賃を取りはぐれる可能性は低いし、住民としての安心度も高いと考えられるからです。

    したがって、新たな入居希望者にとっては、安定している会社に勤務しているという証明が欲しいからアリバイ会社を利用することになるのです。

    入居の時に審査が通りにくい会社が勤め先だから

    実際に入居審査の時に、水商売をしています、となれば、多くのケースで審査結果はNGとなってしまうでしょう。

    職業に貴賎はないと言いながらも、将来的に安定的に家賃を払ってくれるか、問題は起こさないか、といった部分は「勤務先がどこなのか」、という点に集約されてしまうと言っても過言ではないでしょう。

    そういう意味では、勤務先さえしっかりしていれば、入居審査はまず問題はないと言えるでしょう。

    逆に言えば、勤務先を理由に審査が通らないことが最も多いと考えられます。

    高級賃貸物件は特に勤務先を重要視しております。資本金が少ない会社は社会的安定がないと考えられてます。

    資本金3億円以上の企業に勤めていれば高級賃貸物件でも審査を通過する事が可能です。

    個人事業主を始めたばかりで審査に通りにくいから

    賃貸物件の審査では、自営業の方に対して過去、3期分の確定申告が要求されます。個人事業主や会社経営者の方で、行為に赤字決算をされる方も少なくないと思いますが、それでは賃貸契約の審査を通過する事が困難です。

    個人事業主などのように、仕事を始めたばかりの人も入居審査には通りにくいでしょう。

    まだ日本では個人事業主よりも企業に勤務している人のほうが信用が高いとされているからです。

    このようなケースも、企業に勤めているという状況をアリバイ会社が整備することで入居審査にパスすることが期待できます。

    カードの審査でアリバイ会社を利用する理由

    次に、クレジットカードの入会審査の際にアリバイ会社を利用するのはどのような理由からなのでしょうか。

    パート・アルバイトの雇用形態を審査に通りやすくするため

    クレジットカードの入会条件には、安定した企業に勤務していること、という文言が記載されているケースがよく見受けられます。

    この条件が、パートやアルバイトの人にとって、クレジットカードを作成することが難しくさせていると言ってもよいでしょう。

    また勤務期間が短すぎるような場合も入会審査ではNGになってしまう要因となり得ます。

    したがって、アリバイ会社を利用して、雇用形態を正社員などとし、入会審査に通りやすくするという目的が考えられます。

    収入が審査に引っかかるのを防ぐため

    クレジットカードの入会条件には年収というハードルもあります。

    給与の低い企業に勤務しているような場合には、なかなか入会審査でOKが下りないでしょう。

    アリバイ会社では、給与証明書などの発行サービスも行っていますので、収入面でクレジットカードの入会を断られることがないような収入の状況を整備してくれます。

    安定した企業で務めている証明が欲しい

    その他にも、例えば、一部上場企業のような資本金が数千億と安定している企業に勤務しているという人であればクレジットカード会社も安心して入会を了承するでしょう。

    アリバイ会社では、そのような在籍企業を用意して、在籍証明書を発行するようなサービスも実施しています。

    保育園の入園審査の時にアリバイ会社を利用する理由

    保育園の入園審査のためにアリバイ会社を利用することも多いようですが、なぜこのようなケースでアリバイ会社が利用されるのでしょうか。

    申込時に仕事をしているという証明が欲しい

    まずは入園する子どもの親が無職だった場合には、入園後の保育料が支払われるのかどうか心配になってしまいます。

    また、保育園によっては、高い生活(収入)水準の家庭の子どもしか入園させないといった方針を採っているところもあります。

    したがって、入園の申込をする時点できちんとした勤務先で仕事をしているという証明が欲しいゆえにアリバイ会社を利用していると考えられます。

    入園後に本格的な仕事探しをするため

    また、入園時でなくても、子どもが保育円に入園した後に本格的に仕事を探すためにも、勤務先を整えておいて次の転職先を探しているという状況を、アリバイ会社を通じて整えるという目的もあります。

    子どもの保育園が決まれば、親としても安心して転職先を探すことができるでしょう。

    審査に通るため以外の利用目的もある

    アリバイ会社は、その多くが何らかの審査に通る状況を整えることを目的に利用されていますが、中にはそれ以外の目的もあります。

    どうすれば審査に通るのかなど相談ができる

    様々な審査における審査ポイントをアリバイ会社では熟知しています。

    したがって、利用者はどういったポイントをどのように整えれば良いのか、といった審査をクリアするための対策を相談することができます。

    アリバイ会社としても、そのようなコンサルティングサービスを提供することで、利用者には喜んでもらえるし、自社には経験値が蓄積されるので、喜んで相談に乗ってくれるケースが多いと思われます。

    審査に通りやすい職業などを知る事ができる

    また、様々な審査を通過しやすい職業についても相談に乗ってもらえるでしょう。

    豊富な経験を通じて、この審査にはこういった職業がパスしやすい、といった情報をアリバイ会社はたくさん持っているでしょう。

    電話をして実際に話してから利用を検討する事も必要

    また、アリバイ会社によっては、利用料金の支払い方法や提供サービスなど、様々な点で違いはあります。

    サイトの情報だけでなく、実際に電話をして、納得できる信頼の高いアリバイ会社を利用することをおススメします。