賃貸保証人の代行サービスを利用したい!お勧めはどこ?

    賃貸保証人の代行サービスを利用したい!お勧めはどこ?

    の「サムネイル」

    賃借保証人代行会社とは何をする会社なのか?

    賃貸保証人代行サービスを行う会社は「保証会社」「保証人引受会社」「アリバイ会社の保証人代行サービス」などがあります。

    アパートなどを借りるときに必要とな「保証人」の代行会社は何をする会社なのでしょうか。賃借保証人代行会社についてみていきましょう。

    物件の賃借時に入居者を保証する会社

    賃貸物件契約の際に必要な保証人の約束事を代わりに行ってくれる会社です。

    大家さんまたは、借主の賃貸契約での安心を保証するサービスを提供します。

    保証人を親や親族に頼めない、友人などに頼めずみつからない場合にはとても助かるサービスです。 

    なぜ賃借保証人代行会社が必要になるのか?

    賃貸物件では家賃の未払いや設備の破損は運営していく上では大きな損失です。

    そのため、入居前に入居者は信頼できるのか、支払いできるのかを身分証明や収入証明で確認します。

    その上にトラブルがあった時に借主が支払いできない時の保険として、保証人を確保し安定した運営ができる様にしています。

    保証人は親や親族に頼むことが多い傾向がありますが、このような代行会社がある理由は何でしょうか。

    家賃の滞納などの問題を速やかに解決するため  

    賃借保証人代行会社は家賃の滞納がないよう、様々なサービスで家賃収入を保証してくれます。

    借主に家賃請求を代行で行う会社もあります。

    また、通常であれば借主に連絡、連絡が取れなければ保証人に連絡と面倒な手続きも、代行会社が行ってくれるため問題改善がスムーズに進むことも不動産業者や大家さんが必要としている理由のひとつです。

    大家を家賃滞納の損失から守るため

    家賃滞納は大家さんにとっては収入が入らない上に、新しい借主を探して家賃収入を得ることもで着ない大きな問題です。

    その不安を解消してくれる家賃滞納の保証があると、大家さんとしては安心してアパートなどの部屋を貸すことができます。

    賃貸保証人代行会社は大家さんの不安も保証してくれているのです。

    保証人の宛がない人が賃貸契約を結ぶため

    借りる方のの問題として親と連絡を取ってない場合や高齢で収入が不安定な状況などで保証人を頼めない状況のこともあります。

    しかし借りる側が安定した収入があり、信頼できると判断された場合は不動産業者から保証代行会社を紹介されることもあります。

    不動産業者などの提携した賃借保証代行会社はきちんとした会社であることが多いですが、念のためどのような会社か調べてから保証会社と契約するほうがより安全でおすすめです。

    審査が厳しい賃借保証代行会社もある

    保証人というリスクの高い保証を依頼するには、家賃滞納などがないことが条件です。

    そのチェックが賃貸契約同様、身分や収入などをきっちり確認します。

    そのため保証代行会社の審査に落ちることもあります。

    賃借保証人代行会社の審査が厳しく借りれない事もある

    保証人代行会社も闇雲に代行業務をして家賃滞納や設備破損ばかりされては経営が成り立ちません。

    借主が家賃が毎月払えて設備を壊さず掃除もしながら賃貸物件に住むことが最低条件です。

    保証人代行会社でも身分や収入のチェックを行い、安定した家賃の支払いができるかを審査します。

    審査が通らなければ、保証人不在で賃貸契約が結べないことがあります。

    賃借保証人代行会社の審査の基準は決まっていない

    保証人代行会社の必要な書類や記入項目は各社ごとにあり、基準は決まっていません。

    しかしどの会社でも安定した収入があるか、身分に不安がないかなどを調べていきます。

    賃貸物件を借りるときやローンを借りるときの審査と似て、書類提出などでしっかり調べられます。

    保証人代行会社を利用する場合は、申込用紙記入と必要書類を提出し審査され結果が出て大丈夫であれば利用できます。

    賃借保証人代行会社の審査に確実に通るためには?

    保証人代行会社に代行を願いする場合はまず、保証会社の審査が通らないと賃貸物件を借りる事ができなくなります。

    審査に通るには以下のポイントがクリアできているか確認してみましょう。

    安定した収入がある事が第一条件

    まずは安定した収入が最低条件です。賃貸物件の賃料に対してきちんと払える収入が毎月あるかを収入証明書で確認します。

    不安定な収入では家賃滞納のリスクがあると判断され、審査には落ちる可能性があります。

    正社員である程度の収入があれば審査は通る可能性が大きくあります。

    勤続年数が長い事も条件の一つである  

    パートやアルバイト、契約社員や派遣社員でも勤続年数で判断され審査が通ることもあります。

    正社員ではなくても長く勤めている、真面目な勤務状況が把握できれば、家賃滞納のリスクが下がるとと判断されるためです。

    逆に正社員でも勤続年数が短い、転職が多いと収入が途絶えるリスクが発生します。

    勤続年数はきちんと働き続け、収入が安定するかどうかを判断する大切な条件のひとつと言えます。

    勤務先が水商売などではなく一般企業である

    安定した収入があり、勤続年数もしっかりしていても、職業で断られる場合があります。

    水商売の場合、夜逃げや連絡が取れなくなることがある、という見方から慎重に審査されます。

    これまでのキャリアや勤続年数などを細かく確認される可能性もあります。

    水商売ということで難色を示す保証代行会社もあるため、条件の確認が大切です。

    アリバイ会社を利用する時の注意点

    状況によって違法でない状態での偽造などを専門とするアリバイ会社の中に賃借保証人代行のサービスがあります。

    アリバイ会社の保証人代行サービスは実在の年収が保証人としてふさわしい額の登録者から紹介するシステムとなっています。

    そのためアリバイ会社の保証人代行サービスでも年収や勤続年数をきちんと調べます。

    アリバイ会社と聞くと不安を覚えます。

    アリバイ会社を利用する場合の注意点をみていきましょう。

    結果が出なかったら支払い義務が無い会社を選ぶ

    保証人を紹介してもらう料金はアリバイ会社ごとに異なりますが、賃料の50~150%かかります。

    安くはない料金のため、審査が通ってからの支払いかをきちんと確認しましょう。

    アリバイ会社のホームページに契約成立後の後払いなどきちんと書いてあるところもありますが、わかりにくい場所に記載されていることもあります。

    中には記載されていない場合もあるので、必ず確認をしましょう。

    賃借保証人代行サービス料金の料金は安くありませんその料金をを払った上に契約ができなかった、ということがないようにしましょう。

    会社のシステムがしっかりとしている会社を選ぶ

    アリバイ会社を見比べると、それなりの値段がかかるところはシステムがしっかりしています。

    ホームページ内にもサービス内容やどのような流れになるがなどをきちんと記載しています。

    アリバイ会社への登録料がかかるところもあり、違法性についても説明がされています。

    逆に他のアリバイ会社と比べて値段が安いところや、どのようなサービス内容なのかがわかりにくいものは用心したほうがよいでしょう。

    会社の所在地がしっかりしている会社を選ぶ

    アリバイ会社利用に不安がある場合はその会社の「特定商取引に基づく表記」を確認しましょう。「会社概要」や「運営会社の案内」などで確認できます。

    違法性のある会社の場合は所在地が不明確のことがあります。

    所在地がしっかりしているかどうかは、代行をお願いして大丈夫な会社なのか判断するひとつでもあります。

    リスクがある事も頭に入れておく事

    アリバイ会社を探すときには連絡時の対応のよさや返事の早さも判断のひとつです。

    また返金保証などを行ってくれるところもあります。

    ただし、悪質なアリバイ会社と関わると必要以上の出費を請求されたり、信頼を失ったりとリスクもあります。

    賃借保証人代行サービスは決して安いサービスではないことを理解しましょう。

    そして困った時はどうしても焦ってしまいますが、少し落ち着いてサービスを見比べてリスクがないようにしましょう。