高級賃貸専門アリバイ会社が法律を特集

    法律の記事一覧

    アリバイ会社って法律的に利用しても大丈夫なの?って不安も当然あるかと存じます。ここではアリバイ会社に関する法律に関して調べてコンテンツにします。審査を可決させたいからと言ってむやみやたらな行動は何か問題が生じたことを考えると最善ではありませんので知識を入れておきましょう。

    目次

    収入証明書の偽造したら犯罪?もしバレたらどうなるかを調べてみた!

    の「サムネイル」
    • AZORA
    • 2018年6月

    収入証明書は大きな金額の取引やカードを申し込むときに必要になることがあります。自分の収入をチェックされる場合に利用されます。

    自分の収入が少ない場合、申し込みが通らないと不安になると「偽造」できれば、と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。でも偽造したらどうなる?そんな不安を解消するために調べてみました!

    源泉徴収票の偽造はなぜ必要?バレたらどうなるのかを解説

    の「サムネイル」
    • AZORA
    • 2018年6月

    企業に勤めていると年末調整の時にもらう源泉徴収票。普段は「何のために使うの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

    まして偽造する必要性は分からないかもしれませんね。

    でも、源泉徴収票が非常に重要な書類となることがあるのです。

    ではどんな時に必要になるのか、なぜ捨ててはいけないのか、そして偽造しなければならない時とはどんなケースなのかを調べてみました。

    アリバイ会社を利用する事に対して違法性はあるのか?

    の「サムネイル」
    • AZORA
    • 2018年4月

    賃貸不動産の入居審査などにアリバイ会社を利用するケースが増えていますが、アリバイ会社の利用が法に触れることはないのでしょうか。

    例えば、勤務先の在籍を証明する時には虚偽の申告をすることになりますので、違法性の観点が気になります。

    どのような場合に違法性が問題になるのか、見ていきましょう。

    アリバイ会社の作成書類は私文書偽造対象外

    の「サムネイル」
    • 高橋
    • 2018年3月

    アリバイ会社を選ぶ際には、依頼可能な書類の数にバラつきがあることに気がつくはずです。保育園申請に使う書類だけでなく、賃貸物件を借りる時に提出する書類まで様々な証明書が必要となりますが、アリバイ会社ごとに作成可能な証明書が違うので面倒に感じてしまいがちです。

    しかし、アリバイ会社を使ったことがバレた時のために、少なくとも犯罪にならない範囲に留めておく必要があります。

    アリバイ会社を使った詐欺での賃貸契約

    の「サムネイル」
    • 高橋
    • 2018年3月

    アリバイ会社の利用発覚による退去命令を命じられる事があります。

    アリバイ会社の利用が発覚して起こる事例としては、借りていた物件からの退去命令が挙げられています。

    賃貸を借りる際の審査時にアリバイ会社を使うことは罰則などは設けられていないものの、賃貸のオーナーが独自に規則を作ることが多くなっています。

    審査の際には、アリバイ会社を使っていたことが判明しない場合でも、後になって判明して退去を命令されることが多いと考えられています。

    こうした事例が増える背景には、マンションなどの管理会社が、丁寧に居住者の状況を把握しようとする動きが際立ち始めたことが絡んでいます。

    住む人の所属する会社への在籍確認のための電話が行われることはもちろんのこと、その会社が実際に存在しているか確認するという取り組みも管理者によっては進められています。

    この動きが多くの賃貸物件の管理人やオーナーなどから行われるようになり、アリバイ会社の存在が突き止められる確率が高まったと考えられています。

    確実にアリバイ会社を使った身分の偽装が判明する訳ではないものの、退去などの事例が下されるきっかけになることは十分に想定されています。

    アリバイ会社を使ってマンションなどを借りようと検討する際は、少し慎重になることが求められるのではないでしょうか。

    アリバイ会社活用時の違法性はあるのか

    の「サムネイル」
    • 高橋
    • 2018年3月

    アリバイ会社が存在することや、利用すること自体は、違法にならないことが一般的です。

    実際に賃貸の物件を借りる前の審査時に、会社に在籍しているということにするため、アリバイ会社を利用する人や登録する人は多くなりつつあります。

    このアリバイ会社自体は、違法に問われる存在ではないため、適切な利用目的で活用していくことは法に抵触しないと言えるでしょう。利用目的に関しても、賃貸の物件を借りるための審査などでは、手続きを順を追って踏むことで、法の範囲内で利用することができるのではないでしょうか。

    架空の会社などに在籍した状態を作って、それを手数料の徴収理由と定めることは、アリバイ会社では常套手段として挙げられています。

    こうしたアリバイ会社の業務自体も、特定の法律などで処罰される対象には指定されておらず、サービスが運営できる状態を確立させていると考えられています。

    アリバイ会社を使った賃貸契約は違法なのか

    の「サムネイル」
    • ウェブマスター
    • 2018年3月

    賃貸物件の入居申し込みを行っても、繰り返し審査落ちすると気が滅入ってしまいます。審査落ちの原因が勤務先にあるとしたら、アリバイ会社を利用することで入居審査に通りやすくなるわけです。

    しかし、入居申込書に嘘を書くことになるので、違法ではないかと心配する人が少なくありません。アリバイ会社の利用時にはどのような点に注意すると良いのでしょうか。

    アリバイ会社の見極め次第で詐欺を防げる

    の「サムネイル」
    • ウェブマスター
    • 2018年3月

    日本では勤務先の名前により差別を行ってしまう風潮がまだ残っているので、職業に卑賤は無いとは言われていてもアリバイ会社の存在により平和が保たれる現実があります。

    FXや仮想通貨取引により利益を挙げていても、社会的には無職と見做されかねません。

    この「アリバイ」は、証明すると違法です。

    の「サムネイル」
    • 高橋
    • 2018年3月

    会社勤めをしていると、年末に必ず「源泉徴収票」というものが発行されます。これは1年間の収入や課税状況などを証明するものなのですが、実は様々なシチュエーションで用いられることがあるのです。