アリバイ会社活用時の違法性はあるのか

    アリバイ会社活用時の違法性はあるのか

    の「サムネイル」

    アリバイ会社が存在することや、利用すること自体は、違法にならないことが一般的です。

    実際に賃貸の物件を借りる前の審査時に、会社に在籍しているということにするため、アリバイ会社を利用する人や登録する人は多くなりつつあります。

    このアリバイ会社自体は、違法に問われる存在ではないため、適切な利用目的で活用していくことは法に抵触しないと言えるでしょう。利用目的に関しても、賃貸の物件を借りるための審査などでは、手続きを順を追って踏むことで、法の範囲内で利用することができるのではないでしょうか。

    架空の会社などに在籍した状態を作って、それを手数料の徴収理由と定めることは、アリバイ会社では常套手段として挙げられています。

    こうしたアリバイ会社の業務自体も、特定の法律などで処罰される対象には指定されておらず、サービスが運営できる状態を確立させていると考えられています。

    公的書類の偽造は違法となる

    業務やアリバイ会社の存在は違法にはならないものの、業務によっては違法と判断されることもあります。

    最も大きな点は、公的な書類の偽造です。

    課税証明書類や身分証明、保険証などは公的な書類であり、絶対に偽造してはならないと法律で定められています。

    アリバイ会社がこうした公的書類の偽造に着手してしまうと、公文書偽造の罪に問われます。

    場合によってはアリバイ会社の担当者が逮捕されたり、公文書の偽造を依頼した人も厳しく罰せられることがあるため、この点には注意が必要です。

    アリバイ会社が公的な書類の偽造や模倣を行う際には、違法であることを把握してアリバイを作ってもらうことを中止することが、自らを守ることにも繋がります。

    また、公的な書類や身分を証明できる書類などは、偽造したことが非常に高い確率で判明します。違法性も高いことから、注意する必要があるのではないかと認識されています。

    融資を受ける際のアリバイ会社の利用は避ける

    キャッシングや新たなローンを組む際の融資でも、アリバイ会社を使うか検討する人が散見されています。

    お金を借りる際にアリバイ会社を経由することは、現在では厳しく処罰される例が目立っています。

    違法性という観点では重大な要素として度々挙げられる事案となっているため、アリバイ会社を活用してお金を借りることは必ず避けるべきとされています。

    法において裁きを受けることに加えて、この事態が発覚した際は、他の金融機関を含めてサービスは全面的に利用不可能になるでしょう。

    ブラックリストに半永久的に登録され、新たなローンなども組めなくなることが一般的です。そのため、法律に違反しているという側面以外にも、お金を借りるにあたっての信用も著しく損なう可能性が極めて高くなります。

    このような点も関与しているため、キャッシング利用時にはアリバイ会社の利用は見合わせることが強く推奨されています。

    利用目的やサービス内容で違法性が変わる

    アリバイ会社の利用目的や展開されるサービス内容により、違法性は大きく変動していくと言えるでしょう。

    会社の存在や賃貸物件の審査などで利用することなどは、特別違法性が生じると判断されることは少ないと考えられています。

    その一方で、公的な書類や文書をアリバイ会社が作成した際は、逮捕されるリスクも発生することから避けることが薦められています。

    また、お金を借りることを目的として、アリバイ会社を利用することも厳しく処罰される例のひとつとして取り上げられています。

    そのため、融資を受けたいと考える場合に関しても、アリバイ会社の利用は避けることが無難であると認識されています。

    現在では様々な目的や理由で、アリバイ会社を利用する人が増え続けています。ケースバイケースで違法性の程度は変わるため、慎重にチェックすることが必要不可欠になっていくでしょう。