アリバイ会社を使った詐欺での賃貸契約

    アリバイ会社を使った詐欺での賃貸契約

    の「サムネイル」

    様々なタイミングで発覚する可能性がある

    アリバイ会社を使った詐欺や偽装については、新しく賃貸物件を借りる際の審査の際に発覚することが比較的多いのではないかと考えられています。

    このタイミングでは、管理会社などの調査で身分や職業の偽装が判明しやすく、注意する必要のある時期であると考えられています。

    新規契約段階以外にも、管理会社や賃貸のオーナーなどが随時アリバイ会社を使って契約した人の調査を行うことが現在では想定されています。

    そのため、アリバイ会社が実際には存在しないということが分かった時点で、当事者に対しての退去の命令がなされるものとみられています。

    こうした実例の発覚のタイミングが、特定のタイミングに限定されていないというポイントがあると言えるでしょう。また、契約の更新の時期も、アリバイ会社を使っていることの分かるタイミングとして挙げられています。

    契約満了で身分の偽装や詐欺が分かられなかったと安心しがちなタイミングですが、この時期に改めて会社の存在を調べてみるというオーナーも多数存在します。

    一見気を抜いてしまいがちな時期になるものの、アリバイ会社を使っての契約更新も事態が分かられる可能性が高まると認識されています。

    場合によっては訴訟沙汰に

    賃貸のオーナーが事態を重く見た場合には、アリバイ会社を使った詐欺を働いた契約者や、そのアリバイ会社を相手にして訴訟を起こすという事例も存在します。

    身分や働く場所を偽ったことが、その賃貸の物件を管理する個人や会社に損害を与えたり、契約の条件に反していると感じられたりすると、訴訟沙汰に発展する可能性は十分に考えられるのではないかと推測されています。

    契約当事者のみならず、身元保証人など賃貸を借りる際に協力してもらっている人も巻き込まれるケースも考えられることから、事態が重大になることも懸念されるのではないでしょうか。

    アリバイ会社を使いながら契約を行ったことが発覚した後には、退去命令で終わらずこうした動きが際立ち発生することも、今後は想定しておく必要があると提唱されています。

    アリバイ会社の利用が全て分かられることはないとみられていますが、場合によっては重大なトピックとして扱われると言えるでしょう。

    詐欺に伴い、管理会社などが訴訟を起こす動きに関しては、これからより高い頻度で実現されることが見込まれています。

    そのため、アリバイ会社を使って賃貸物件の契約を考える際は、その点にも留意することが必要不可欠になるのではないかと考えられています。