アリバイ会社CSAの業務内容と利用用途について解説

    アリバイ会社CSAの業務内容と利用用途について解説

    の「サムネイル」

    アリバイ会社を選ぶ時の注意点とは?

    アリバイ会社とは、実際には在籍していない会社に「就業して給与をもらっている」という、証明をしてくれる会社です。アリバイを作ってくれるから、アリバイ会社と呼ばれています。アリバイ会社にもさまざまあり、何よりも「信頼」できる会社を探すことが重要です。

     ペーパーカンパニーではない事を確認する

    アリバイ会社では、依頼者が実際には在籍していない会社の書類や在籍証明をしてくれます。しかし、そのために用意された企業が実態のない「ペーパーカンパニー」ということは、意外とよくあることです。

    せっかくアリバイを作っても、ペーパーカンパニーだとバレてしまう可能性が高くなります。そのため、きちんと法人登記された企業を用意してくれるアリバイ会社を選ぶ必要があります。

     失敗した時に料金の返金ができるところを選ぶ

    アリバイ会社では、先に料金を支払うところが一般的です。しかし、その場合審査に通らないなど失敗した場合でも料金は返ってきません。無駄になってしまいます。

    しかし中には失敗した時は料金を返してもらえるアリバイ会社や、成功報酬のみというアリバイ会社もあります。不安が先立つアリバイ作りは、ストレスも大きいですよね。そこでお金の不安がなくなる料金の返金制度や成功報酬を採用している会社を選びたいですね。

    アリバイ会社CSAの特徴について

    アリバイ会社の選び方についてご紹介しました。では、安心して利用できるCSAの特徴について詳しくご紹介していきます。

     成功報酬型で失敗した時に費用がかからない

    アリバイ会社CSAでは、成功報酬制を採用しています。登録料や申込金など、事前にかかるお金はありません。顧客の要望が達成できたときに、はじめて成功報酬として料金が発生します。しっかり事前調査をする会社ということ、そして不動産にしぼって専門性を高めているからこその特徴です。

     ペーパーカンパニーではなく実在する会社

    アリバイ会社CSAでは、審査に通るために使用する会社を法人登記し、企業のホームページも公開しています。この企業は実働しており、架空のペーパーカンパニーではないため、調査された場合に強いというメリットがあります。

     職業がバレたくない時に強い会社として定評がある

    アリバイ会社は、主に実際の職業が社会的に信頼を受けにくい場合などに利用されます。特にアリバイ会社CSAでは、賃貸契約で審査に通りにくいフリーターや風俗関係などにお勤めの方で、職業バレすると困るという場合に強い会社として好評を得ています。

    アリバイ会社CSAで受けられるサービス

    では、実際にアリバイ会社CSAでは、どんなサービスが受けられるのでしょうか。1つずつ見ていきましょう。

    水商売などを隠したい時の在籍確認

    キャバクラにお勤めの方など水商売に従事する方やフリーターの方、アフィリエイトなどで稼いでいるため業種の説明がしにくい方、求職中のため職業を明記できない方......世の中にはさまざまな立場の方がいます。

    賃貸契約をしたいときなど、一般的な人と行動時間が逆になる水商売の方や、会社という身分を証明してくれる後ろ盾がない方だとなかなか審査が通らない、ということもあります。こういった場合に、一般の会社に勤めているように在籍確認をしてくれます。

     保育園の審査のための在籍確認

    保育園の審査を受ける時は、ママが働いているという証明が必要です。しかし実際には赤ちゃんや小さな子どもを連れて就職活動をすることは難しく、多くのママが入園させてから落ち着いて仕事を探したいと考えています。

    そんなママのために、保育園の審査に必要な在籍確認もしてくれます。在籍確認をしてくれるのは実働している会社なので、電話がかかってきてもきちんと対応してくれます。いつ会社にかけても携帯電話に転送される、などの不自然さがないクオリティを誇ります。

    賃借保証人代行の紹介や入居保証人サービス

    CSAの本領は賃貸契約に関するアリバイです。そこで賃貸契約の保証人代行の紹介や、入居保証人のサービスもしてくれます。保証人になるには相応の信用がなければなりません。しかし周囲にそういった知り合いがいないケースも多いですよね。

    CSAは保証人バンクを保持しており、常に年収や社会的立場が高い人々が登録をしています。そのため、信頼度が非常に高く、安心して保証人になってくれる人を紹介してもらえるのです。

    CSAで作る事ができる書類

    CSAでは、在籍確認や入居保証人サービスのほかに、書類の作成も請け負っています。それぞれの書類の特徴についてチェックしておきましょう。

    源泉徴収票

    源泉徴収票は、企業につとめて毎月給与をもらっている会社員が、年末調整のためにもらう書類です。年収をはじめ、所得税や控除額などが記されている書類で、前年度の所得の証明になる大切な書類です。

    見た目はぺらっとした紙きれですが、重要な情報が詰まっているため、税法に詳しい専門家でなければ矛盾のない源泉徴収票を作成することはできません。そこでCSAは顧客にヒアリングを行い、ボロの出ない作成のためにコンサルティングも行っています。価格は収入設定により、5000円からになります。

    給与明細書

    給与明細は、1ヶ月の収入や控除額などが記された書類です。今は振込が一般的なので、給与明細だけ書類としてもらうということがほとんどですね。収入の証明書類としては、3ヶ月分の明細提出が必要になることもあります。

    源泉徴収票と連動するため、適当に作るとバレてしまう難しい書類です。給与明細書は、5000円からの価格設定になっています。

    在籍証明書・雇用証明書・就労証明書

    在籍証明書をはじめ、雇用証明書や就労証明書は、「この企業に雇用され、在籍し、実際に就労しています」という書類です。どれもほとんど同じような内容ですが、企業や保育園・自治体によって名前が違うことがあります。

    作成をお願いする際は、求められている書類がどれなのかをしっかり確認してからにしましょう。CSAでは、5000円で作成してくれます。

     採用通知書

    採用通知書は、内定通知書と同様、企業に就職が決まった際にその証明として使用される証明書です。保育園の審査などに使用されるもので、実際の会社の通知書が間に合わない場合などに利用されます。こちらも5000円で作成してもらえます。

    社員証・名刺の印刷

    社員証があると、信憑性はぐっと高くなりますよね。CSAでは、社員証も作ってくれます。さらに絶対に必要となる名刺も印刷してくれます。名刺の印刷は3000円からになります。名前を使用している企業はペーパーカンパニーではないので、信頼度もアップしますね。

    持込書類

    提出しなければならない書類の書式が決まっている場合など、持ち込みの書類でも対応してもらえます。相談をしながら作成を進めるので、初心者でも安心できますよ。

    アリバイ会社CSAのおすすめポイント

    それではアリバイ会社CSAはどんなおすすめポイントがあるのでしょうか。他にはない魅力をピックアップしてみました。

    基本サービスは入居のお手伝い!在籍確認の電話での対応も

    アリバイ会社CSAは、マンションやアパートへの入居のお手伝いに非常に強い会社です。在籍証明の電話がかかってきた場合も、稼働中の企業から丁寧な対応をしてもらえます。対応の方法に関して要望がある場合も、柔軟に応じてもらえます。まずは相談してみましょう。

     高額物件の審査も安心の保証人紹介制度

    マンションやアパートを借りたいときに、保証人を見つけられない方に保証人バンクから紹介してもらえる、というサービスはご紹介しましたね。この保証人バンクに登録されている保証人候補の人々は高収入かつ社会的にも信用の高い人がほとんどです。

    そのため、高額物件に入居したいという場合も、しっかり審査に通る保証人を紹介してもらえると高く評価されているのです。

    複合サービスを受ける事が可能

    アリバイ会社CSAでは、利用する際に顧客に対して丁寧なコンサルティングを行っています。そのため、単発で源泉徴収票だけを出す、給与明細だけを発行するという形ではなく、複合的なサービスを受けることができます。

    こうした書類や在籍証明は、依頼人の年齢や生活スタイル・見た目などに合わせてシナリオを作り、作成する必要があります。実際の人物と書類の内容があまりにかけはなれていると、アリバイとバレてしまう可能性が高くなるからです。

    そのため、コンサルティングを受けてしっかりと構築されたシナリオから作成された書類が出来上がるので、安心して利用できるようになるのです。

    アリバイ会社を利用する時に注意する事

    アリバイ会社を利用するときには、注意したい点がいろいろあります。CSAを選ぶ理由もそこにあると言えます。アリバイ会社を利用する際に頭に入れておきたいポイントをチェックしておきましょう。

     プランや料金がしっかりしている会社を選ぶ

    アリバイ会社の中には、残念ながらいい加減な仕事をしているところもあります。すべてがCSAのようにしっかりした仕事をしてくれるわけではありませんし、事前にいろいろなお金を振り込まされて、結局書類が届かないという詐欺に遭ってしまうこともあります。

    そのため、事前にプランや料金をきちんと明示してくれる会社を選ぶことが重要です。利用する前に、これ以上お金が加算されることはないのかという点もちゃんと確認しておきましょう。まずはホームページをしっかり読み、利用方法を知ることが大切です。

    失敗した時でも料金を取る会社は選ばない

    ほとんどのアリバイ会社は、書類や在籍証明がうまく行かなかった場合も、作成や作業にかかるお金を支払わなければなりません。そのため先払いの会社がほとんどなのです。これは不安が募りますし、失敗して無駄になる可能性もあります。

    でも中には返金保証がある会社や、CSAのように成功報酬制をとっている会社もあります。そういったところは仕事に自信があると言えます。こうした会社を選びたいですね。

     訴えられるなどのリスクがある事を頭に入れておく

    アリバイ会社で書類を作ってもらう場合、多くは公文書偽造になります。そのため、バレた場合訴えられてしまうなどのリスクがあります。バレて訴えられると、アリバイ会社も当然危険にさらされます。

    その点をきちんと明記している会社であれば、バレて訴えられるような仕事はしませんよね。もちろんCSAも、気持ちよく目的を達成するためにリスクヘッジしています。法律、税制に詳しく不動産に特化しているCSAで、リスクの少ない可能性を手にしましょう。

    関連コンテンツ